After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)







メールマガジン発行中
メールマガジンの
お申し込みはこちらから。




* オススメの写真撮影の参考書はこちらから
 
花の写真とレンタルポジ

花の写真・レンタルポジ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki

Gardening
オレガノ’ケントビューティ’ー-Matthiola incana

6~7月のハーブの季節。優しい薄緑の花をうつむきかげんに咲かせるオレガノ’ケントビューティー’は、園芸店でもすっかりおなじみの宿根草。

シソ科オリガヌム属のケントビューティーは、イギリスでオリガヌム・スカブルムとオリガヌム・ロツンデフィルウムを交配した園芸品種。

花期は8月まで。高温多湿に弱いので、水のやりすぎには注意が必要です。

オレガノ’ケントビューティー’ - Oregano 'Kent Beauty'
Oregano 'Kent Beauty'

わが家のケントビューティー
高温多湿に弱いケントビューティー。わが家では鉢植えにして、パーゴラの下の風通しの良い場所で育てています。

どうしても垂れ下がって花が咲きますが、余ったヒメリンゴの枝でオベリスクを作り、絡めてやると円錐形に仕立てることができます。

日当たりがお好みですが、夏には半日陰の風通しの良い場所に移動します。また、収穫をかねて枝をすいてあげると、次々と花を咲かせてくれます。耐寒性もあり、無過温のフレームに入れておいたり、軒下の霜や雪がかからない場所に置くだけで毎年無事に冬を越してくれます。

病害虫には強い方ですが、ナメクジとコナガには注意しましょう。
オレガノ’ケントビューティー’とヘリクリサム’ベビーゴールド’の寄植え オレガノ’ケントビューティー’とヘリクリサム’ベビーゴールド’の寄植え


アフターガーデニング
オレガノ’ケントビューティー’の生花のアレンジ オレガノ’ケントビューティー’の生花のアレンジ 生花の時から、カサカサとした感触の花は、自然乾燥でもその花姿は変わりません。

私はよくケントビューティーをドライアレンジのアクセントとして使用します。薄緑色の上品な花は、どんなアレンジにも優しさを加えます。

籠やリースのドライアレンジが出来上がったら、最後にグルーガンでケントビューティーの花を直接貼り付けるだけ。それだけで、アレンジに華が加わり、いっそう引き立ちます。一度逆さに吊るして自然乾燥に挑戦してみてはいかがでしょう。

*オレガノ’ケントビューティー’を使ったドライアレンジ「ケントビューティーのパフェ」はこちらから

(生育時期などは、私の住んでいる京都南部を標準として記載しています。植物の名称については、主に小学館「園芸植物大辞典」を参考に記載しました。)




| 草花のインデックスに戻る | 次の花を見る |

| Profile | Dried Flower | Post Cards | From the Editor | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.